趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

 先日、産婦人科に行って来た。

 それは、長年のpmsを治す為。

 私は、電車で50分かけて、某市のTレディースクリニックに行った。ここは、女医の先生が診察する。(無理な内診はしません)と記載されていたので、私はここなら信頼出来るクリニックかな?と思ったので受診する事にした。まあ、内診はされても仕方無いと思っていた。

 某市の駅から、地図を見て行った。駅からはすぐ近くて、地下を歩いて行き、5分くらいで着いた。受付の女性は、若い女性が2人と、中年女性が1人居た。クリニックは最近移転したので、まだ新しく、道に面していた。待合室には、診察を待っている女性達が5人くらいいた。このクリニックは、予約制では無い。

 私は問診票を記入し、5分くらいで呼ばれた。内診はされなかった。T先生は関西弁でチャキチャキした印象で、最初(ぶっきらぼうな人なのかな?)と思ったけれど、そんな事は無くて、いい先生だった。私が、「pmsの尋常では無い眠気に困っているので薬が欲しいです」と言ったら、先生は「pmsは、ピルか漢方で治すしか無いんですよ」と言った。私はもう40代なので、ピルを処方してくれなかった😓そのTクリニックでも漢方を取り扱っているけれど、加味逍遙散しか無いそうだ。私は以前加味逍遙散を試した事があるけれど、これは、体がほてる。冬でも。そんな副作用はいらないじゃ無いですか~?と言う事なので、この漢方は希望しませんでした。

 先生は「日本ではpmsに対する理解が無くて、薬もほとんど開発され無いんですよ」と言った。なにそれ~!?多くの女性達が、すごく苦しんでいると言うのに。

 でもピルも35歳以上になると血栓のリスクが高まるから、恐ろしくて希望出来無い。35歳以上の血栓のリスクは、1万人に10人。でも千人に換算すると、1人だよ?千人に1人だと思うと、少なく無い気がする。私がその1人に当てはまりそうなので、恐ろしくて、例え他の病院で「ピルを処方しますよ」と言われても断るよ。私は、薬の副作用が出易いタイプだから。昔大病して、薬には散々苦しんだから。

 先生は「眠気の他に症状はありますか?」と聞いたので、私は「食欲が凄いです」と答えた。先生は「眠気の症状がある人は、食欲も増す人が多いんですよ」と言った。私が「食欲が凄いので困ります」「甘い物や炭水化物を食べたくなります」と言ったら、先生は「糖分を摂る程、ずっと眠くなりますよ」と言った。私はこの言葉で、気づかされた。(ほ~!そうか!なるほど)と。私は「0コークや甘い物や炭水化物をたくさん摂ってしまいます😓」と言ったら、先生は「高嶺さんの食欲には何がいいですかね~?」と言った。私は「豆腐をいっぱい食べるとかですか?」などと聞いたけれど、先生は答えなかった。答えられなかったのかな?

 先生は「他の産婦人科でも、pmsの治療はピルか漢方なんですよ」と言い、私は絶望的な気持ちになった💦私は今迄、pmsを治す為に幾つかの病院や漢方薬局に行き、5種類くらいの漢方薬を試した。しかし、悉く合わなかった。副作用も出た。

 pmsを治す事に、あまり希望が持てなくなった。

 今後は漢方薬局に行くしか無いか💦