趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

恋のタイミング

 恋愛には、タイミングが必要だ。

 そう、告白のタイミングも重要。

 このタイミングを間違えると、

 恋愛が成立しなかったりする。

 私は今迄、そんなタイミングさえわからなかった!

 ラブレターを出した時には、

 すでにタイミングを間違えていたり。

 そんな事ばかりで、

 どうして私はこうも、恋愛に縁が無いのだろうと

 疑問でしか無かった。

 どうして、ブスな女の子に、素敵な彼氏が出来るの?って。

 確かにその子達は、魅力がある。

 性格が良かったり、明るかったり。

 でも、どうして恋愛が成立するのか、

 よくわからなかった。

 彼女達は、欠点もある。

 太ってるし!

 私の方が、美人でスタイルもいいよ!

 と、そんな事を、高校生の時に思っていた。

 まあ私は、クソな高校に行って、性格も暗かったから

 それがいけなかったんだろう。

 でもクソな高校の同学年の男子2人に

 告白されたけれど、

 タイプでは無かったから振ってしまった。

 中学生の時、明るくて、

 内面が魅力的な男子に一目惚れした。

 私は、その男の子の事がずっと好きだった。

 話しくらいはした。

 バレンタインのチョコも、友達伝手で

 渡してもらった。

 優しいS君は、ホワイトデーにお返しをくれた。

 S君は、野球部で運動神経が良く、性格も良く、

 とてもモテる男の子だった。

 S君はバレンタインに、多分たくさんチョコを貰ったと思う。

 ホワイトデーにお返しをした女の子は、私以外にもいたのだろうか?

 それが、ちょっと気になる。

 私と仲の良い女の子が、S君に、私の事をどう思うか聞いたそうだ。

 S君は「高嶺さんは何も言って来ないから」と答えたそうだ。

 その後、S君とは別のクラスになった。

 その後、私はS君にラブレターを渡した。

 でも振られ、S君は別の女の子に取られてしまった!

 そう、私は、告白のタイミングを間違えたのだ!

 私がYちゃんの前に告白してたら、

 S君は私と付き合ってくれただろう。

 Yちゃんは、完璧な美人だった。

 それがもう、敗北している。

 中学生の時に、恋のタイミングなんてわかる訳が無い。

 

 そして私は、大人になっても、恋のタイミングがわからなかった。

 今だって、わかっていないのかもしれない。

 でも本当に縁があるカップルと言うのは、

 タイミングも自然と合うのだと思う。

 私はそうしてタイミングを間違えたり、

 勇気が無くて告白出来無くて

 失った恋が2つある。

 S君を含め。

 

 今回の恋は運命の男性だと思うし、

 手紙を渡したタイミングが合った。

 恋でタイミングが合ったのは、

 人生で初めてだ。

 Mさんが連絡をしてくるかはわからないけど、

 私はMさんと付き合いたい。

 今迄出会ったどんな男性よりも、

 深く愛せる。

 私は一途なので、

 男性を好きになったら、

 もう他の男性は目に入らない。

 Mさんが私の事を愛してくれるのなら、

 私も、ずっとMさんを愛したい。