趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

 今更恋愛なんて、メンドクサイ気もする。

 私今迄、ほとんど恋愛して来なかったしな。

 大した男も寄って来なかったし。

 本当に、恋愛に縁が無かった。

 かろうじて選んだ男も、

 ぜっんぜんタイプじゃ無かったし。

 処女を捨てたかっただけ。

 来る男、来る男が、

 タイプじゃ無いと言う悲劇!

 7年に1度くらいの頻度で男を好きになっても、

 そいつらには、すでに彼女がいたり😱

 私の恋愛運なんて、クソでしか無かった。

 もう、本当に思い出したくも無い。

 

 そして最近、こう言う事を思った。

 もし12月にMさんから電話がかかって来て、

 「会おう」と言われたら、当然会う。

 その時に、(クリスマスプレゼントを貰えるかも!)

 と、思ったのだ←随分先走った妄想だな!

 そう、私はいつも先走る💦

 Mさんがクリスマスプレゼントをくれる場合、

 結構高い物をくれる気がする。

 私は今迄、男性にクリスマスプレゼントなんて

 貰った事が無いと思った。

 でも、ある事を思い出した。

 それは32歳くらいの時?主治医の医師が

 クリスマスプレゼントをくれたのだ。

 私はその前に、主治医に誕生日プレゼントも

 受け取っている。

 その時は、(先生は、私の事を患者として愛情があるから

 プレゼントをくれたんだ)と思った。

 でもクリスマスプレゼントを渡された時に

 そのおじいちゃん医師が

 「その袋の中に名刺が入っていて、その名刺に自分の自宅電話番号と

 携帯電話番号が書いてあります」と言った。

 私は(はっ?)と思い、この医師が、私を口説いている事に気づいた。

 誕生日プレゼントの時点では、鈍い?私はわからなかった。

 でもその医師に診察後、「今から時間ありますか?」と言われ

 私は「まっすぐ帰ります」と言ったら、

 医師は「お茶でもしたいと思って」などと抜かした!

 そんな経緯があった。

 私は何を言いたいかと言うと、

 誕生日プレゼントをMさんから貰えるなら、

 それが私の「人生で初めての誕生日プレゼント」

 になったら素敵だと思ったんだけど、

 私のその初めてを、あの禿のじじいに奪われてしまった~!😥😥😱

 と言う事だ。

 何と言う悲劇だ!

 あのおじいちゃん医師はその当時、嫁が急死した。

 だから血迷って、私を口説いてきたのだ。

 信頼していた医師に口説かれた私は

 その事がとてもショックだったので、

 ママと兄さまに話してしまった。

 ママと兄さまはその話しに驚き、

 兄は「もう、その病院に行くのを止めた方がいいんじゃない?」

 と言った。

 兄さまは、こうも言った。

 「医師が患者を口説くなんて、警察が泥棒をするようなもんだ!」と。

 

 私は今迄恋愛に縁が無かったので、

 恋愛するのも面倒なのかな?とさっき思ったの。

 デートで、何をどうしていいのかわからない。

 そもそも私は、人付き合いが苦手。

 他人も苦手。話しも苦手。

 Mさんを前にしても、ほとんど話しも出来ないかも。

 

 私は本当に、恋愛をしたいのだろうか?

 したい気もする。

 素敵な人との恋愛は、きっと幸せだろう。

 大変な事もあると思うけど。

 

 このまま連絡が来なかったら、諦めるしかない。

 Mさんの事は本能で好きなのだと思うけど、

 「好き」と言う感情はまだ無い。

 説明するのが難しい。

 私にも、初めてのケースの恋。

 

 Mさんに振られたら、不調期には泣くと思う。

 でも、そこまで辛くないかも。

 私はMさんに、執着している訳ではない。

 振られたら、また自分の恋愛運を呪うだけ。

 そして、もう恋愛の事はあまり考えずに

 生きていった方がいい。

 (私の人生なんて、所詮はろくでもない)

 と、思いながら生きていくのだろう。