趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

夜にぶっちゃけ!!

 私は幼稚園くらいの頃、

 実の父親に、

 足首をもたれ、逆さまにされ、

 湯舟に沈められた事がある。

 それは、父親の勘違いだったみたい。

 私は決して、悪い事はしていない。

 

 そして30歳も過ぎた頃、

 実の父親に、こう言われた。

 「5万円やるから、電車に飛び込んで死んで来い!」

 「人の迷惑にならないように死んで来い!」と。

 この時も、私は悪い事などしていない。

 

 こうも、言われた事がある。

 「お前なんか死んでも、大して悲しくない」と(笑)

 

 私は父親が生きていた頃、

 ほとんど悪い事などしていない。

 高校をさぼろうとして、ボコボコに暴力を振るわれた事がある!

 

 中学の時も、クリスマス会に行っただけで、

 翌朝、ボッコボコに、殴る・蹴るの暴力を振るわれた。

 ほんと、クズ・クソ!

 

 人生で、父親に逆らった事だって、1度しか無い。

 その時、

 「お前なんて、生まれたのが間違いだ!」と

 言われたからだ。

 私はその時メンタルが不安定だったので、

 人生で初めて、父親と大喧嘩をした!!

 

 もう、これらの事はほとんど何とも思わないけど、

 やっぱりこう言う事を書きたくなると言う事は、

 根に持っているのかもしれない。

 思い出して、ムカムカする事も無い?んだけど。

 

 私の父親はキチガイで、すぐにカッとなって怒鳴る男だった。

 祖母もキチガイで、キチガイになった瞬間を見た事がある。

 

 私は、父親が60歳と言う若さで死んだのは、

 バチが当たったからだと、本気で思っている。

 そうとしか思え無い。兄も、そう言っていた。

 こんな愛情の欠片も無い親だから、

 私達兄弟は、アイツが死んでも、

 涙の1滴も出なかった。

 それが、アイツの全てを物語っている。

 こいつは、私の反面教師でしかない。

 私はもう、悪い事をして生きて行ってはいけない。

 

 ね?私は、そんな父親の子供に生まれた事が衝撃でしょ?