趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

いい男

 私は最近も相変わらず、毎日、

 yahooトピックを見ている。

 最近見たトピックの記事で、

 以下の記事があった。

 大手企業に勤めている、有名私立大学出身で

 しかも美人と言うハイスペック女子(32歳)が、

 今迄仕事を最優先していたけれど

 ここ最近のコロナ渦で社会様式などが変わり、

 結婚を意識するようになり、

 婚活をし始めた。

 その彼女は、次の大手プロジェクトの前に

 あと4ヶ月で結婚相手を真剣に探したいと思ったので、

 結婚相談所に登録した。

 しかし、彼女はそれなりに努力をしているつもりでも、

 なかなか結婚を意識出来る男性と繋がっていくのが

 難しいそうだ。

 その原因を、恋愛カウンセラーのようなプロが

 「彼女のように容姿も素晴らしい

 ハイスペック女性は、かえって、

 男性の方が恐れをなして

 アプローチして来ない」

 と解説していた。

 👆贅沢な悩みだな!

 まあ、それはそうだと思う。

 完璧な人間は、罪だ。

 

 その恋愛カウンセラーの女性が、

 「ここで原点に帰って、自分にとって

 いい男とはどんな人なのか

 と言う事を考えてみるのがいい」

 と言っていた。

 

 私には、その答えは、時間をかけずに

 答える事が出来た。

 私にとっていい男とは、

 「自分の事を守ってくれる男性」。

 守ると言うのは、

 優しさだったり、強さだったり、

 賢さだったりすると思う。

 私は、優しくて、強い男性がいいかな。

 包容力が1番。

 私は、そんな男性を求めている。

 

 Mさんには、強さも、優しさも、賢さもある。

 つまりは、完璧。

 👆またノロケか!とは言わないで。

 

 彼に出会ったので、私は

 自分にとっての「いい男」に

 気づく事が出来た。

 

 私は今迄の人生で、

 彼程素晴らしい男性に

 出会った事が無かった。

 

 恋愛運も、皆無だとさえ思っていた。

 私の事を好きになってくれる人はいたけれど、

 どうしても、どうしても

 両想いの恋が出来ず、

 なんて自分は不運なのだとさえ、

 いつも思っていた。

 自分に、運命の男性がいるなんて、

 そんな事は考えた事すらなく、

 そんな発想も持てなかった。

 

 人はどん底の不幸になると、

 物事をポジティブには考えられなくなる。

 私は20歳から32歳迄、

 楽しい事など、何一つない人生だった。

 そんな、底辺の地獄に、

 12年間も停滞していた。

 

 運命の男性にようやく出会えた今、

 Mさんの事を、神様に感謝しています。

 守護霊様にも、感謝しています。

 👆変な宗教はしていないよ~!