趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

父親に感謝?

 「所詮」の使い方を間違えている人が、

 気になる高嶺です。

 

 私は、簡単な敬語がわからないバカが

 大嫌いです!

 

 本題。

 私は学生の時から、クラスメイトなどに、

 よく「字が綺麗だね!」と

 褒められてきた。

 👆自慢のつもりはありません。

 

 私は、いつから字が綺麗だったのか?

 小学生の時に褒められた事は無い。

 👆この頃は、まだ子供だったからかな?

 

 私は小学生の頃、毎週?の漢字小テストで、

 いつもtop10に入る上位の成績だった。

 

 そして、その時の、おじいちゃん?先生は、

 クラスメイト全員の前で、私にこう聞いた。

 「高嶺さんは漢字が得意ですが、どうしてですか?」と。

 私は無言で、何も答える事が出来無かった。

 事実を言う事が出来無かった。

 

 事実は、家で、パパが鬼のように、

 私達兄弟に毎日、漢字を書く勉強を

 させていたのだ!強制的に。

 

 パパは、鬼のようなシゴキだった!!👿👿

 私が1回だけ、漢字の勉強をサボったのが

 パパにバレた事がある。

 それはそれは、鬼のように怒られた!😢😢😢

 パパは「学校なんて行かなくてもいいから、

 ずっと朝迄漢字を書いてろ!!」と言って怒鳴った。

 めったな事では泣かない私が、泣いた。

 (学校に行けないって事?)と思ったからだ。

 👆そこ~?!

 

 だから私は、泣きながら漢字をひたすらと書き続けた。

 心優しい、兄と母に見守られながら。

 

 パパは、漢字に関しても、本当に鬼だった!

 鬼でしかなかった。

 つまりは、スパルタ!

 ほんとに、スポ根レベル!

 

 そりゃ、漢字の成績は良くなるよ。

 でも1番を取れなかったのは、

 私の出来の悪さだね💦

 

 こんな裏事情を、

 先生に言える訳が無い😱

 

 兄は、私より字が上手かもしれない。

 男性としては、びっくりするくらい

 綺麗な字を書く。

 

 私達は兄弟だからか、母曰く

 「筆跡が似ている」のだそう。

 

 私は、大人になってからも、

 度々「字が綺麗ですね」と

 褒められた。

 

 数年前、自動車学校に行っていた時の

 学習ノートを見返してみた。偶然に。

 そこには、高校生の時に書いた字が

 ズラっと細かく並んでいた。

 

 私はその字を見て、自分でも

 (字が綺麗だな!)と感心した。

 

 と言うのも、大人になってから

 漢字を書く機会が格段に少なくなったので、

 字が下手になったのだ。

 

 高校生の時の字は、今の私の字より

 全然綺麗!

 

 (もっと綺麗な字になりたいな)

 と思った。

 

 ネット情報では、綺麗な字の女性は

 好感度が高いそうだ。

 

 私は誠意を込めて、

 Mさんに手紙を書いた。

 

 Mさんは私の字を見て、

 (綺麗だな)と思ってくれたかもしれない。

 ふっふっふっ!💕😏

 私はイメージupに成功したかも💕 

 👆決して、狙った訳じゃ無いのよ!

 私は少々計算はするが、痣(あざ)とさは無い。

 👆計算も、あざとさの中かな?

 

 最後に、私は、こう思った。

 

 確かにパパは鬼のようなスパルタでキツかったけど、

 結果的に、私には{綺麗な字}が手に入ったのでは無いか?と。

 

 それはやはり、パパのおかげかもしれない。

 だったら、鬼パパでも感謝すべきだ。

 

 因みに、うちの家族は、

 私と兄以外は、全員字が汚い!

 小学生?のような字を書く。

 

 お勉強が出来たママでさえ、

 汚い字を書くのを見ると、

 頭が悪く思える。

 👆すまん!🙇ママ!

 (決して、字が綺麗では無い人のディスリではありません)

 

 パパは、中卒の経営者。

 頭が悪くて、高校に行けなかった訳では無い。

 昔は、高校に進学しない人も、田舎では多かったみたい。

 👆団塊の世代は。本当の話し。

 パパは最悪な家庭環境から只抜け出したくて、

 隣の県に、自ら就職した。

 

 どうしてパパが私達兄弟に鬼のように

 漢字の勉強を強制していたのかと言うと、

 自分が勉強をしなくて、あまり漢字が書けなかったからだ。

 要は、自分のコンプレックスの裏返し。

 子供には、最低限の教養を身に付けさせたかったのだろう。

 

 大人になって、私達兄弟にママは言った。

 「漢字に強くなったんだから、あの教育は良かったじゃん!」と。

 (いやいや、そんな簡単に言わないでよ!)と、

 私は心の中で思った。

 兄は、すかさず反発していた。

 どうしても、あの鬼スパルタが納得出来無かったからだろう。

 私も、兄の意見に同意だった。

 

 しかし、私は昨日、やっと気づいたのだ!

 (自分が綺麗な字を書けるようになったのは、

 あの鬼パパのおかげなのかもしれない)と。

 

 やはり、パパに感謝しよう。

 悪いパパだけどね~!

 

 でも、バレンタインのチョコはあっげな~い!

 パパ、もう死んじゃってるじゃ~ん!

 👆不謹慎かな?

 

 皆さま、ごきげんよう

 良い1週間の始まりを~!💕