趣味な日々

趣味のコスメ、メイク、ファッション情報などを掲載していきます。 

うそっ!😲

 今日の19時に、私は日用品を買いに、車で近所の

 ホームセンターとダイソーとドラッグストアに行った。

 

 そして家に帰り、2階の自分の部屋に行った。

 

 そしてテーブルの近くで物の整理をしていたら、

 その近くに置いてあるガラケーがピカピカと光って

 青い点滅を繰り返していた。

 

 私は(ど~せいつものdocomoからのお知らせメールだろう)

 と思ったが、次の瞬間まさか・まさか?と思った。

 

 そして、ガラケーを開いて見た。

 

 着電のマークがあった。

 

 私は(docomoからのお知らせメールじゃ無い)と思った。

 

 そして、着信履歴を見たら、そこには知らない番号が載っていた。

 

 わ~~~お!😲😲

 

 これ、M氏じゃね?と思った。

 

 私はぼっちなので、普段、間違い電話すらかかって来る事が皆無。

 

 電話をかけてくるのは、たまにママからのみ。

 

 ママは私の帰りが遅い時だけ(と言っても午後7時くらい,ママ過保護💦)

 電話をかけてくる。

 

 と言う事は、この知らない番号は、M氏としか考えられない。

 

 でもどうしてだろう?

 

 だって今日、平日の月曜日だよ?

 

 彼の仕事の休日は、土・日・祝日。

 

 私は彼から電話がかかってくるのなら、土・日とばかり

 思っていた。

 

 月曜日は、彼にとって、仕事始め。

 

 仕事始めの日に連絡してきたのか?

 

 どうして?

 

 まあ、彼にも都合などがあるのかもしれない。

 どんな都合かはわからないが。

 

 彼の事は、何も知らない。

 

 てか、私の事をどうして好きになったのか、謎でしか無い💦

 

 いつ、どの瞬間に好きになったのか、

 考えても考えてもわからない。

 

 私は、性格だって悪い。

 

 彼が、私を好きになる理由が無い。

 

 彼ならもっと、条件の良い素敵な女性と付き合える。

 私を選ぶ必要が無い。

 

 でも運命の相手なので、通じ合っている事は確かだろう。

 

 前世から、きっと、付き合ってるんじゃ!

 👆結局は肯定かい!

 

 でも彼に相応しい相手は、私では無いよな~とは思う。

 

 あの子、女性を見る目が無いのだろうか?

 大丈夫かな?

 

 

 

 

 

 着信の時間は、午後19時16分だった。

 

 どうして電話に出られ無かったかと言うと、

 

 私はちょっとした外出の際、携帯電話を持って行かないからだ。

 👆携帯を持ち歩け!

 

 

 

 

 

 この着信、Mさんだと思うんだけどな~。

 

 私は、この番号に折り返しの電話はしない。

 

 だってM氏じゃ無かったら、マズイから。

 

 私は、こう見えて、そこまで馬鹿では無い。

 

 私も、もうすぐMさんから電話がかかって来る気がしていた。

 

 私は、無駄に勘はいい。

 

 今日電話して来たのがMさんだったとしたら、

 また電話はかかって来るだろう。

 

 私達は、どうしても結ばれる運命なんじゃ!

 👆そう願いた~~~いの!

 

 彼のゴタゴタが片付いたと言う事か。

 

 デートに誘われる前に、そのゴタゴタは片付いたのか

 と言う事を、まず第一に確認しなければならない。

 

 彼との関係は、それからだ。

 

 でもね~~~

 

 この年でデートして、〇〇して、〇〇〇〇するんだよね~~~😱

 

 はぁ~~~💦

 

 恋愛経験が無いなんて、知られたくないんだよね~

 

 私、男脳だから、プライド高いし。

 

 「テテちゃん、助けて~~~!」と言って、

 さっき、テテちゃんを抱きしめて寝ていた。

 👆疲れたんじゃ。

 

 テテちゃんは今、私に背を向けて寝ている。

 

 

 

 

 

 夜空を見上げたら、1個だけ、星が光っていた。